弊社のスポーツ×IoTの取り組み

弊社のスポーツ×IoTの取り組み

弊社のスポーツ×IoTの取り組みですが、日本では、皇居マラソンや宮島マラソン、その他大会でランナー1人1人に配布する「計測タグ」を使い 完走記録を提供するサービスを2003年から提供しています。 海外でも、カンボジアオリンピック委員会の主催するプノンペンハーフマラソンや、2003年から2006年までは、北京マラソン、上海マラソン、アモイマラソンで同様のサービスを提供してきました。

 

スポール×IoTの先進企業として、今後も、各種センサーとインターネットの連携により、新しい試みにチャレンジしていきます。
主に大規模スポーツイベントでイベント効率化や マーケティングデータ取得、安全対策など多々の可能性があります。

 

https://delightcorp.com/collections/organizer/products/sporthivenew-result-platform-linked-to-social-media

Related Posts

(外部記事)COVID-19はオフィスの概念全体を変える:在宅勤務後のレンタルの節約に企業が注目
米国とヨーロッパがビジネスを再開する方法について話し始めたときでさえ、会社のリーダー自身は、コロナウイルスが私たち全員の働き方のより永続的な変化について考えるように彼らを動揺させたと言います-この危機よりずっと長く続き、概念全体を永久...
Read More
経営革新計画取得について
中小企業等経営強化法第 14条第 1項の規定に基づいて、経営革新計画について東京都より承認されたことをご報告いたします。 テ ー マ : プロックチェーン技術を活用した健康増進と医療費削減への取り組み計画期間 : 平成 31年 1月 ...
Read More
北海道観光振興会主催のマラソン主催者主催で開催された閉会セミナーでの講演会
私たちは大統領を発表するのがうれしい。 ANNO はマラソン大会主催者の講演者として国際ランナーの日本への招待を推進するために招かれた。 セミナーの開催は、以下のとおりです。北海道観光公社.
Read More